フォトアルバム

カテゴリ

Powered by Six Apart
Member since 08/2010

グランプリエ Feed

2014年10月21日 (火)

出資馬の動向 10月21日

あんまり書くことない^^;

 

 

今日は休養馬の情報更新の日なんですが

うちの出遅れてる2歳馬情報しかないんですw

 

 

ロープアドープは、ここまで順調でしたが、若干歩様が硬く見えたため

15-15を控えてる状態とのことです。

問題なさそうってことですが、できれば2歳戦がある内に帰ってきて欲しいんですけどね。

 

 

グランジゲレイロは、坂路をハロン18秒くらいのキャンターで上がれるようになっています。

もう少し早い時計が出たら、帰厩の話になるでしょうが

12月になるかもしれませんね^^;

 

 

さて、ここまでふがいないうちの2歳馬なんですが

ここから巻き返しできますかねぇ。

入厩したピアレスピンク、今週入厩予定のブライアローズ。

この2頭になんとかしてもらいたいですね^^;

 

 

それと、各クラブで募集中の1歳馬の中から

牡馬を1頭いいのをみつけないと^^

1頭は、順調に進めば確定なのがいるんですが

牡馬は2頭くらい出資したいですしね。

クラシックの夢がみれそうなのがいいんですが

そんな都合のいいのが残ってるわけないですかw

2014年9月 8日 (月)

しかし3歳は…

なんというか困ったモンです^^;

 

 

うちの3歳馬の処遇が概ね決まりました^^;

当初期待していた馬ばかり5頭もいたんですが

結局、中央に残りそうなのはヴォルケンクラッツ1頭だけ。

見る目ないなぁ…

 

グランプリエは、早期入厩できましたが、故障によりデビュー前に引退。

 

ラバリックも入厩が遅れて年末になるもすぐに放牧に出て、

やっと帰ってきたと思ったら1レースで骨折、再ファンドへ。

 

エレメンタリーは、ぴんとこないレースに使い続けられて

結局結果の出ないまま中央引退、個人所有となって園田へ。

 

エイコーンウィルは、骨折の頓挫もありなかなかレースに使えず

最後に芝短距離路線という適鞍を見つけましたが間に合わず。

おそらく再ファンドになるでしょう。

 

 

 

正直、エイコーンウィルは帰ってきそうな気がしますが

ラバリックはどうなのかなぁ…

現在の2歳馬もどうも順調にいってないのが多いし^^;

まあ、その上の世代が活躍しすぎってのもあるんですかね?

運気みたいなもんで。

 

 

できればみんな無事に走って欲しいんですけどねぇ。

2013年10月18日 (金)

好調の影で

いよいよ明後日に迫ってきた菊花賞。

今年4回目のG1挑戦になります。

こんなにも贅沢な1年をおくれるなんて、ほんと思っていませんでした。

ひとえに、これも3歳世代が頑張ってくれてるからだと思います^^

 

 

 

しかしながら、それとは対照的なのが今の2歳世代。

回収率を重視といいながら、この時期にデビューできているのがわずかに1頭とは…

しかも、それぞれにトラブルを抱えている状態じゃねぇ^^;

 

 

簡単に2歳馬のリストを作ってみました。

 

エレメンタリー 

デビューこそ早かったものの、出遅れでまともな競馬ができず。

やっと常識にかかったところで、放牧。

すぐに戻ってくるかと思えば、なんと蟻洞で延期。

 

ヴォルケンクラッツ

期待の中距離芝馬でしたが、満口になって早期入厩も見えてきた4月に

いきなり骨折。

やっと乗り運動が出来ているが、デビューはまだ先。

 

ラバリック

こちらも7月まで順調に経過して15-15もできていたが、

8月に骨瘤発症。

やっと週2回の坂路まできているが、こちらもデビューのめど立たず。

 

グランプリエ

期待の人気馬で、こちらも順調に6月に入厩、7月にゲート試験合格。

しかし、一旦放牧に出た先で、馬房内で暴れて腱を不全断裂し能力喪失。

 

 

 

 

どうですか、この惨状^^;

今の時期に現3歳馬たちは、既に新馬戦2勝、未勝利戦1勝していましたからね。

ここまで差が激しいと悲しくなってきます。

 

ただ、2歳馬唯一の希望が^^

エイコーンウィル

じわりじわりとしか良化はしませんでしたが、確実に前進していき8月に入厩。

ゲート試験合格後に一旦放牧に出て、9月に帰厩。

一つ一つ課題をこなしながら、やっと来週デビューです^^

 

ずば抜けた才能がある馬には見えませんが、

堅実に走ってくれると信じています。

 

 

 

でも、あと1週間でこの馬に何かあったら… 

 

 

  

私呪われてるのかもw

2013年8月 8日 (木)

をい…まじか

いきなりすぎな情報が…

申し訳ないですが、全文載せさせてください。
 
 
 
グランプリエ
 
 
担当者「今朝の調教後の上がり運動の際に突然暴れだし、
その際に右後肢をラチにぶつけてしまいました。外傷はそれほどでもなかったのですが、
歩様がよくなかったので検査を行ったところ、右後肢浅屈腱を不全断裂していることが
判明しました。ぶつけた際に外部から圧力が加わったのが原因で、
競走能力喪失の診断です。阪神開催へ向けて間もなく入厩させようと思っていた矢先に
このようなことになり、大変申し訳ございません」

競走能力喪失の診断を受けたことから、誠に残念ではございますが、
このまま引退させることと致します。
近日中に抹消の手続きが取られる予定です。なお今後は繁殖牝馬となる予定です。
 
 
 
 
えーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!

 
 

 
期待していた馬だけにちょっと泣きそうです。
ヴォルケンクラッツが骨折、ラバリックも頓挫、そしてグランプリエがこれです。
 
 
何事も順調にいかないのがこの趣味ではあるとわかっているんですが
2歳馬が軒並みこれでは、かなり堪えます…
 
グランプリエ、残念でした。

2013年8月 3日 (土)

出資馬の動向 8月2日

とりあえず日付変わりましたが、色々更新もありましたんで^^;

 
 
 
今日は休養馬とかの情報更新があったんですが
まあ、大きなトラブルもなくって感じです^^
 
 
まずはローレルから
アルボランシーは、厩舎の3歳未勝利馬が片付かないことには
帰厩の目途がたたないようです^^;
ま、それが終わってから、しっかり使ってくれるそうですし
そこまでにきちんと調整してもらえばと思います。
 
ローレルボルケーノは、ウッドコース2400mを18秒ペースと坂路1本を15-15のキャンター
で調整中とのことです。
暑さにへこたれない、体力のある馬って評されていますが、
その暑い夏には帰厩の予定が見えていません^^;
さて、いつごろ帰れるのかな?
 
 
 
続いてシルク
クラウディオスは、来週函館に戻る予定です。
短期放牧ってことですから、まあそんなもんだと思っていましたが
じゃあ次はどこに使うんでしょうね?
出来れば、追い切りをしっかりやって競馬に望んでほしいのですが^^; 
 
 
 
 
ローブティサージュは、週2回、ハロン15秒の坂路を2本できているそうです。
体調面は順調のようですし、9月に向けて、じっくり仕上げて欲しいですね。
 
 
 
グランプリエは、皮膚病も治まって、順調のようで
再来週の帰厩が予定されています。
阪神デビューが徐々に形になっていきますね^^
馬体重も488kgとしっかりありますし、順調といっていいでしょう。
 
 
 
クラウディオスは、来週函館に戻る予定です。
短期放牧ってことですから、まあそんなもんだと思っていましたが
じゃあ次はどこに使うんでしょうね?
出来れば、追い切りをしっかりやって競馬に望んでほしいのですが^^;
 
 
 
さて、問題は…
ラステラッサは、残りの勝負を1回と決めて
9月1日の小倉芝1200m牝馬限定を狙っていくとのことです。
えーっと、正直いって無理だと思います^^;
芝レース久々ですよ。
しかも前回の芝より距離短縮ですからいいように見えますが
スピード勝負になってこの馬大丈夫なんでしょうか?
 
どうしても気になるんで先生のコメント全部挙げさせてもらいますが
吉村師
「どちらにせよ、後一回勝負なので、牝馬限定戦の芝を使う方が適性的にも
チャンスも高くなるので、小倉9月1日の牝馬1200m芝を使う予定にして進めて行こうと
思います。間違いなく使えると思うし、前倒しで使って行く馬も多いはずだから、
メンバーも逆に手薄になる可能性もあるので、そこで一発決めればいいですね。
もう少し牧場で乗り込んで貰おうと思います。」
 
 
まず、間違いなく使えるって、多分このレースを目標にしてる馬一杯いますよ。
メンバーも手薄になるなんて、ここでしか使えないような馬が一杯くるんですから
当然、レベルは上がりますよ。
一発で決めればいいですねって、そんな脚ないのに?
 
 
 
ということで、吉村先生って微妙なのが良くわかりました。
まあ、結果がでるまでは判断はできませんが、これまでの経過から考えて
出資してはいけない厩舎リストに入れる予定ですw
 
 
ま、この予想がいいほうに覆されればいいんですが^^;
どうなることやら。

2013年7月27日 (土)

出資馬の動向 7月26日

やっぱり気持ち悪いので、ささっとだけ更新w

 
 
まずはシルク
 
プレノタートは、やはりゆったり走らせる予定みたいです。
そういうのが上手いとの武幸四郎Jですが、
多分差し届かない、と予想します^^;
 
 
クラウディオスは、優先が残っているうちに函館に戻すとのことです。
馬房の都合が今年は大変みたいですね。(札幌の馬房がない)
なんとか、上手く使ってください。
 
 
ラステラッサは、再来週帰厩予定で、小倉で使うとのことですが
このままだと、その1戦が勝負ってことになりそうですね。
こっちも信頼できないなぁw
 
 
ローブティサージュは、リフレッシュできたみたいで、478kgまで回復しているようです。
まだ時間がありますから、ゆっくり仕上げてもらいたいものです。
しかし、クイーンS…手薄すぎw
出走できてたらなぁ… 
 
 
エレメンタリーは、ゲート練習してるみたいですね。
次は発馬を決めて、前目で競馬をしてもらえれば… 
追えるJをってことで、8月3日の小倉未勝利戦では、小牧Jを用意したみたいです。
うんうん、これならって感じで準備ができていますね。
 
 
ヴォルケンクラッツは、骨折の状態もいいみたいで、近くトレッドミルをやるそうです。
まあ、ここでトラブル起こしても仕方ないんで、一歩一歩ですね^^; 
 
 
クランプリエは、放牧に出て、硬さもすぐに取れたとのことです。
状態的にはいいみたいですが、阪神開催でのデビュー予定みたいですね。
ま、それでもまったく問題ないんですけどね^^
 
 
 
最後にローレル
ファインスカイは、本日帰厩して、8月11日の小倉芝1200mに予定してるみたいです。
鞍上は、またもや小牧J^^;
いや、私は好きなJですよ^^
こちらも一発勝負で決めてもらいたいです。
 
 
アルボランシーは、いつトレセンに戻っても大丈夫な状態のようですが、
ま、馬房の都合がつかないのね^^;
 
 
ローレルボルケーノは、順調に調整されてるみたいですが
まだ声がかかるとかのコメントないですね。時間かかりそうです。
 
 
 
ということで、駆け足で書いてみました^^;
さ、寝ようw
 
 

2013年7月20日 (土)

出資馬の動向 7月19日

いや、こんなこと書いてる暇ないのにw

 
 
ここ数日早起きがデフォルトになってしまい、非常に眠いんです^^;
それがしばらく続きそうなのに…
早く寝ないと^^;
 
 
ということで、全休組のローレルから端折って書いておきますw
アルボランシーは、屋外ダートコース4000mを20秒ペースのキャンターでかわらず。
いい馬だと評価いただいているみたいなんで、結果を早く出したいですね。
 
 
ローレルボルケーノは、屋外ウッドコース2400mと
坂路1本を18秒ペース・週1回15-15のキャンターと順調。
いつでも帰厩できるとのことです。
早く帰ってきて欲しいです。
 
 
ファインスカイは、ポリトラックコース3000mを20秒ペースのキャンター。
背中の疲れも抜け、馬体重も増えてきているとのことで
そろそろ坂路に入るようです。
あとはテンションの問題ですか…牝馬は難しい^^;
 
 
 
続いてシルク
グランプリエは、周回コースと坂路コースでキャンター。
それほど疲れもないようで、疲れが取れれば
すぐに帰厩となりそうなコメントでした。
まあ、他の馬の都合もあるでしょうし、様子見ですね。
 
 
ローブティサージュは、ウォーキングマシン、トレッドミルでハロン24秒のキャンター。
まだ時間がるので、ゆっくり焦らずやっていくとのことです。
うんうん、しっかり回復してからでいいです^^
 
 
ラステラッサは、周回コースと坂路コースでキャンター。
先週末から暑さによる疲れが出たみたいで、少しペースを緩めたそうです。
権利が取れないと意味がないので、万全の体勢で出走させたいとのことです。
なので、小倉後半を目標らしいんですが…
ある意味一発勝負になりそうですね。
こわいなぁ^^;
 
 
 
 
ということで、駆け足で書いてみました^^;
 
 
あ、日付かわっちゃったw

2013年7月18日 (木)

出資馬の動向 7月17日

1回消しちゃったよ^^;

 
 
 
今日は在厩馬の情報更新がありましたが
よく考えればシルクしか情報がない^^
ローレルも全休だったんですよねぇ…
頑張れ!日高!!
 
 
で、さっそくプレノタートは坂路で追い切り
 
 
助手 17栗坂良 56.4- 41.0- 26.2- 12.6 馬なり余力
 
 
 
早い時計は先週だしたので、今回は終い重点でテンションを上げ過ぎない様に
ってことでした。幸Jも確保して、想定も17頭。
差しの利く広い中京でなんとかならないかな^^
 
 
 
クラウディオスは、函館ダートで追い切り
 
 
荻野要 17函ダ良 68.5- 53.2- 39.0- 12.6 強目に追う
 
 
 
サンライズワールド(古500万)馬なりの外を0.4秒追走4F併同入。
ダート馬相手にダートで併入できればまずまずですかね?
先生は一回り大きくなったと評価されているようですが、
なんか追い切り少なくない?
太ってたりしてw
まあ、とりあえずこのレースは叩き台と考えるのが正解なのかもしれません。
が…ここをいきなりかって、1000万条件と連勝すれば、
トライアルも見えてくるんだけどなぁ^^;
 
 
 
グランプリエは、12日にゲート試験合格したのはいいのですが
段々馬体が硬くなってきてコズミも出てきたとのことで
一旦放牧となりました^^;
まあ、急ぐこともないですから、しっかり体勢を整えてもらいましょう^^
 
 
 
エレメンタリーは、レース後のダメージも少ないとのことで
このまま、小倉1800mを目指すとのことです。
中間にもゲート練習をする予定だそうですから、
次は、いいスタートを切って着順はともかく競馬をしてほしいです^^;
 
 
 
さあ、明日(もう今日か)かなりハードスケジュールなんで
更新できるかどうか…
 
倒れないようにしよ^^

2013年6月14日 (金)

最後の最後にw

出資してしまいまいした^^;

 
 
 
 
本当はね、牡馬を選びたかったんですが
この時期に残っている馬にピンと来るものがいなくて…
で、牝馬でいいから早期入厩しそうな馬を探していたんですよ。
 
 
 
 
 
で、結局
 
 
 
 
エレメンタリー 牝(父ダイワメジャー 母ダイワオンディーヌ)
 
 
 
に出資いたしました!
順調そうであったのと、身体が丈夫そうなのが気に入った点です^^
今年の2歳馬は、
ヴォルケンクラッツが骨折
エイコーンウィルは遅生まれで、成長待ち
ラバリックもまだまだ時間かかりそうですし
グランプリエもそこまで早くないだろうと考えていたんで
(これは後でビックリしましたがw)
 
とにかく早いうちに出走してくれそうな馬が欲しかったんですよね。
ダイワメジャー産駒は初めての出資なんですが
この馬はどうでしょうね^^;
私、ほんとにダイワメジャー産駒を見るポイントがまだわからないんですよ。
 
 
 
まあ、入厩アナウンス直前に出資しましたから
当然もうすでに入厩していますし、昨日ゲート試験も合格したようです^^
順調ですね。
先生いわく、中京の後半でデビューってことらしいです。
 
 
 
 
 
ま、この馬の問題は、走る前からダート馬って言われてることくらいですw
芝も適正あると思うんですけどねぇ^^
こればっかりは走ってみないと…
 
ということで、今年の2歳馬は5頭体制となりました。
面子をみると…牡馬クラシックはきついなぁ^^;
来年に懸けますw
 
 
 
 
おまけ、なんとグランプリエが予定を早めて明日入厩となりました!
池江泰寿厩舎なんで、オルフェーブルのせいじゃないか?
って話もありましたが、真相はわかりません^^;
 
なんとかこれで、夏には2頭デビューしてくれそうでなによりです^^
 
 
 
 
 
 
 
 
その前に、3歳未勝利馬をなんとかしないと^^;