フォトアルバム

カテゴリ

Powered by Six Apart
Member since 08/2010

ローブティサージュ Feed

2016年7月 1日 (金)

出資馬の動向 7月1日

今日は休養馬の情報更新なんですが

時間がないんでかいつまんで^^;

 

ローレルの骨折2頭は相変わらず^^;

グランジゲレイロは、骨折部の良化は見られないものの

歩様に問題ないため、軽い運動を再開することに。

ピアレスピンクは、引き続きパドック放牧。

よくはなっているのかもしれませんが、帰厩への道は遠そうですね。

 

 

 

続いてシルク

クラウディオスは状態もいいようで

7月30日の不知火特別か8月6日の信濃川特別を目指しています。

小倉と新潟、この馬にはどっちがいいんでしょうね^^;

 

 

ストーミーストームは、明日帰厩ですが、トモの踏み込みもよくなってきて

距離が伸びても問題なさそうとのことでした。

7月17日の中京ダート1800mを予定してるみたいですね。

そろそろ決めてほしいですね。

 

 

ブレッシングテレサは、中間軽めの調整にしたせいか

グンと良化が進んだようです。

小倉開催を目指して、来週か再来週にも帰厩とのことです。

秋華賞をめざすなら、ここから1戦も落とせませんからね。

万全でお願いします!

 

 

ロッテンマイヤーは、状態がいいとのことで

なんと、札幌クイーンSを目指すことなりました!

確かに、ここで賞金を稼いでおけばローズSで無理をする必要もないし

この馬の実力もはっきりするでしょうしね^^

面白い選択だと思います。

 

 

さて、これから競馬新聞を買いに行ってきます^^;

この時間でないと手に入らないとは、田舎はつらいよw

2016年4月 4日 (月)

新馬戦に強いといううわさは本当なのか?

いや、すげーくだらない検証です^^; 

 

 

 

よく皆さんから、出資馬が新馬戦に強いとコメントをいただくとことがあります。

自分では自覚がないんでなんとも言えませんが

数字にしてみたらどうなんだろうと、ちょっと計算してみました。

 

私が一口馬主をはじめたのがマリエンベルクからですから

出資馬の初レースが2007年8月。

以後、合計して38頭(現2歳馬以下は除く)出資していて

レース直前に出走取消しとなったエルクラシコ、

故障で結局間に合わなかったエルフィンアローズ

入厩まで順調だったのに馬房での故障で引退となったグランプリエ

の3頭を除くと、35頭がなんらかのレースに参加しています。

 

そのうち新馬勝ちした馬が

ローレルジャブラニ 3歳新馬 2011年1月

ローレルボルケーノ 2歳新馬 2011年6月

プレノタート 2歳新馬 2011年7月

ローブティサージュ 2歳新馬 2012年7月

マジェスティハーツ 2歳新馬 2012年9月

グランジゲレイロ 3歳新馬 2015年1月

ロッテンマイヤー 3歳新馬 2016年1月

ブレッシングテレサ 3歳新馬 2016年2月

 

の8頭ですね。

新馬戦ではありませんが、初戦で勝ったのは

ヴォルケンクラッツ 3歳未勝利 2014年5月

ってのもいます。

 

 

こうみると、新馬勝ちするまでに4年近くかかっていますし

8/35ですから、そんなに率として高い感じはないですかねぇ。

2011年から12年にかけてのラッシュがあったから新馬戦強いって

印象があるのかもしれませんね^^;

 

ただ、新馬勝ちした馬は、その後も活躍してくれていますから

験がいいってのはあるかもしれませんね^^

今年の2歳馬たちにも、験がよくなってもらいたいものです。

 

 

その前に忘れな草賞ですね。

特別登録16頭ってことですから

馬自体に頓挫さえなければ、ロッテンマイヤーもブレッシングテレサも

出走できそうです。

でも、オークスへの切符は1枚しかないんですよねぇ。

どちらかが勝つって決まったわけではないんですが

なんとかゲットしてもらいたいものです。

2015年11月11日 (水)

出資馬の動向 11月11日

ポッキー&プリッツの日ですが

私には何にも関係ありませんでしたw

 

ま、冗談が書けるくらいの余裕がある1日だったんですが

予定がキツキツなのは変わりないです^^;

 

 

さて、今日は在厩馬の情報更新があったんですが

一番の話題とえば

本日、ローブティサージュの登録が抹消されたことですかね。

本当にお疲れさまでした^^

 

さて、まずはユニオンから

マジェスティハーツは、なんと障害練習w

口向きの修正と、トモの強化が目的とのことで、鞍上はやはり森一馬J。

まあ、こういう練習にはうってつけの鞍上ですよね。

これで一皮向けてくれたら、重賞勝利に手が届きますかねぇ^^

 

 

ルドルフィーナは、坂路で追い切り

 

 

栗坂重  56.0 40.6 26.9 13.8 末強目追う

 

 

今日は馬場が重いし、充分仕上がっているとのことで軽めの調整。

土曜日の2歳未勝利芝1400mを予定しているみたいです。

ただ、不安なコメントが馬場が悪いと全く動かないって助手さんがw

で、土曜日の天気怪しいんですよねぇ。

ただ、土曜日の2Rならまだ大丈夫かも…って思いたい。

 

 

ロープアドープは、昨日門別でダート1700mに出走。

6着でした。

うーん、なんというか出口が見えませんね。

ただ、馬体重が496kgもあるんですよね。

今まで一番重い馬体重です。

これも影響してるんでしょうか?

 

 

 

続いてローレル。

ファインスカイは本日帰厩。

12月5日(土)中山10R・舞浜特別・3歳以上1000万下(牝)D1200mに出走予定です。

まあ、まだまだ焦らず調整ですね^^

いいレースを期待しています。

 

 

 

最後にシルク

ストーミーストームは坂路で追い切り

 

 

栗坂重 54.5- 40.1- 26.3- 13.2 馬なり余力

 

 

馬なりでこれくらいなら充分ですかね?

レースはおそらく来週のダート戦じゃないかと思います。

この辺でそろそろ勝って欲しいですね。

というか、2歳のうちにさっさと勝って安心させて^^;

 

 

 

なんか一気に出走が絞られてしまった感じがします。

あんなに一杯出走ラッシュがあったのはなんだったんでしょうw

それにローブが引退しましたから、次のオープン馬が現れて欲しいですね。

一番近いのは2歳馬なんですよねぇ^^

2015年11月 9日 (月)

ローブティサージュ 新たなる道へ

一つのピリオドですね。

 

  

薄々は予想していたことですが、

ローブティサージュの引退が公式で発表されました。

いずれは必ず迎える結果ですが、やはり引退って聞くと寂しいものです。

私の出資馬で、初めてG1を取り、そして初めて口取りをした

本当に思い出深い馬ですからね。

ここからメルサの引用

 

 

前走の直線であれだけのスピードで転倒しながらも大きな怪我がなかったのは

奇跡の他ありません。ノーザンファームしがらきへ移動後も大きな異常は

感じられませんがしばらくは休養が必要な状況です。

そこから再度調教を始めたとしても、牝馬の引退時期(6歳3月)までに

万全の態勢を整えてレースに出走させることは時間的にも難しいでしょうし、

あれだけのアクシデントに見舞われたことでの精神的苦痛が出てこないとも限りません。

さらに、本馬にはその秀でた能力を後世に伝えて行く大事な仕事がこの先に待っています。

そのような状況を踏まえて関係者と協議を行った結果、誠に残念ではございますが、

このまま引退させることと致します。近日中に抹消の手続きが取られ、

今後は北海道・ノーザンファームで繁殖牝馬となる予定です。

 

 

あれほどの事故で、軽症で済んだこと自体、

本当に奇跡としかいいようのない結果でしたからね。

ここからさらに、競走馬として頑張ってもらうのは、酷というものです。

まして牝馬ですからね。

それも、SS系種牡馬を気にせずつけられる貴重な牝馬。

クラブ側も、牧場側も無事に帰ってきて欲しいですよね。

 

 

うん、私もこの馬の仔がどんな走りをするか見てみたいです。

ローブティサージュの競走馬としての活躍は、ここで終了です。

でも、繁殖という新しい活躍の馬が待っています。

ローブティサージュ第2章ってところですかね?

 

 

ローブティサージュ、そして陣営の皆様

そして、この馬に関わった全ての皆様、

お疲れさまでした。

本当にありがとうございました。

2015年11月 5日 (木)

ローブは無事に^^

今日の一番の話題はなんといっても

ローブティサージュの現状でしょう。

 

須貝先生のコメントを引用すると

 

「4日にトレセン診療所で再検査を行いました。全身打撲で筋肉痛の症状は見られるものの、

骨や筋に異常はなく、擦り傷すらありませんでした。

あれだけの転倒をして軽傷で済んだのは奇跡に近いですよね。

今朝の様子を見てもリラックスして落ち着きは取り戻しているので、本当にホッとしました。

もう少し経過観察は必要だと思うので、今日ノーザンファームしがらきに出して

状態を診て貰います。

その経過を見ながら今後のことを牧場・クラブサイドと相談させていただければと思います」

 

 

はい、とりあえず大きな怪我もなく落ち着いているとのこと。

一旦ノーザンファームしがらきで静養ってところですね。

 

あと、今後についても相談ってことですから

このまま引退ってこともあるでしょうね。

その辺は、決定に従うしかないんですが、

もっと走って欲しい気持ちもあるし、これ以上のトラブルにも巻き込まれて欲しくもないし

 

正直、どっちがいいのかわかりません。

 

まあ、まずはゆっくり休んで痛みをとってもらいましょう。

2015年11月 2日 (月)

須貝先生 謝らなくてもいいですよ

先生が悪いわけではないんですから…

 

  

今日、スワンSについてのレース後コメントの更新がありました。

そこでの須貝先生のコメントを引用。

 

 

須貝尚介調教師

「滞在競馬よりはテンションが高めでしたが、許容範囲のレベルだったのでいい状態で

出走することが出来ました。ゲートもスムーズに出てくれましたし、

直線に入ってジョッキーの反応にしっかり応えて、さあこれからという時に

あの不利を受けてしまいました。

さすがに軽傷では済まないだろうなと覚悟を決めていましたが、

今のところ全身打撲の症状はあるものの、大きな怪我は見られないので

本当にホッとしました。時間が経って症状が出てくる場合もあるので、

トレセンに戻って状態を再度確認したいと思います。

このような結果になってしまい、本当に申し訳ありませんでした。

しっかり経過を見て最善を尽くしたいと思います」

 

 

ほんと不幸中の幸いというか、その場で予後不良を診断されなかっただけでも

幸せと思わないといけないくらいの事故でした。

先生が馬を壊すように仕上げたわけでもなく、鞍上も勝ちに行っての結果です。

出資者としては、先生達を責める理由はありません。

 

どうか、大きな怪我がないように。

そして、この事故がトラウマにならないように祈るだけです。

 

 

でも、先生がここまでコメントしてくれたので

やはり先生のところの馬に出資してよかったと、改めて思いました。

これからもよろしくお願いします。

2015年10月31日 (土)

ローブティサージュ ハロウィンの悪夢

いや、夢ならどれくらいいいことか…

 

 

 

10月31日(土) 京都11R スワンS G2 芝1400m ローブティサージュ 競走中止 福永祐一J

 

 

今日は予想通り競馬どころではない状況でしたが

掲示板くらいは覗く時間があったんですよ。

そしたら落馬って…

 

 

やっと落ち着いてレースを見たんですが

落馬した騎手も大変ですが、ローブのほうもかなりひどい転倒をしていました。

馬体重がマイナス10kgとかなり減っていたようですが

レースぶりは全然そんなことなく、中団前目で折り合いをつけてレースをして

最後の直線で加速し、先頭に追いつこうかとしたときに

テイエムタイホーが外に斜行し、それに躓いてしまったようです。

 

シルクのフェイスブックで、幸い馬は全身打撲とのことで

栗東に戻ってから再検査で済んだようですが、

鞍上の福永Jは、右肩鎖関節脱臼、右鎖骨剥離骨折とのことで

明日のレース全て乗り替わりとなりました。

 

今回は福永Jがほんとにいいポジションでレースをしてくれていて

もうちょっとで勝ち負けの位置にいただけに、ショックも大きいです。

 

ローブティサージュも、福永Jも早い回復を祈念します。

2015年10月29日 (木)

今週の出走馬 10月31日分

ここは頑張ってほしいな。

 

  

 

 

10月31日(土) 京都11R スワンS G2 芝1400m ローブティサージュ 福永祐一J

 

 

 

ローブの秋初戦です。

北海道シリーズで思ったように走れなかったですからね。

ここで巻き返しを期待したいです。

この馬も5歳ですからね。

出走できるレースも数が限られてきます。

ここを勝って、阪神Cを勝って、スプリンターズSを制して

っていきませんかね^^

それくらいすれば、栄光の名馬たちで取り上げてくれるかなw

2015年10月28日 (水)

出資馬の動向 10月28日

ココ最近で一番忙しかった1日でした^^;

  

そんなわけで、今日の更新も簡単に。

 

 

ルドルフィーナは、レース後も異常なく

中2週くらいを考えて、次回は距離短縮も選択肢にいれるようです。

うん、マイルくらいでも面白いかもしれませんね。

なんにせよ、ここで決めてくれると後が楽になるんですけどね。

 

 

クラウディオスは、レース後異常はないものの

一旦ノーザンファームしがらきに放牧になりました。

勝ったご褒美ですね^^

 

ローブティサージュは坂路で追い切り

 

 

栗坂良 55.7- 40.2- 25.7- 12.4 末強目追う

 

 

畑端省吾騎手騎乗。

テンションをあげないように終いだけの追い切りですね。

ここでもう1回いいところを見せて欲しいです。

 

 

ストーミーストームは、レース後異常ないようです。

次は結局ダートになりそうですね。

ちょっと間隔をあけてからレースに挑むそうです。

 

 

さあ、愛馬の重賞挑戦です。

ここをとれば、重賞3つ目ですからね、名牝の仲間入りできますよ。

頑張ってほしいですね^^

2015年10月21日 (水)

出資馬の動向 10月21日

今から最後の追い込みです^^;

 

 

明日は別の用事で、全く作業ができないので

今日中に仕上げないとダメなんです。

今週に入ってかなり厳しいです。

 

 

ということで、更新も簡易バージョンで^^;

 

ルドルフィーナは坂路で追い切り

 

 

栗坂良  56.8 41.2 26.6 13.3 末強目追う

 

 

森一馬騎手騎乗。中1週なんで終いだけ追ったようです。

25日の2歳未勝利戦芝1800mに予定しています。

前より見所あるレースをお願いします。

 

 

ローレルの2頭

グランジゲレイロ、ピアレスピンクはともに放牧。

グランジゲレイロは、とりあえず無理させないってことで。

ピアレスピンクは、このクラスに目処がついて休み明け3戦したんで。

2頭とももっと活躍してほしいところです。

復帰戦に期待。

 

 

 

シルクは

ローブティサージュが坂路で追い切り 

 

 

栗坂良 52.9- 38.8- 25.1- 12.9 強目に追う

 

 

福永祐一騎手騎乗。坂路入りをごねたみたいですが

時計は問題ないでしょう。

順調なようです。

 

 

クラウディオスも坂路で追い切り

 

 

栗坂良 53.4- 39.8- 26.7- 13.7 一杯に追う

 

 

サンライズアルブル(古500万)一杯に0.2秒先着。

さすがにローブには見劣りますが、この馬なりに頑張ってるかと。

25日新潟のダート1800mに加藤祥太Jで予定しています。

 

 

ストーミーストームはCWで追い切り

 

 

CW良 85.7- 69.9- 54.3- 39.8- 12.8[5]一杯に追う

 

 

キングスクルーザー(古1000万)馬なりの内を0.4秒追走クビ遅れ。

藤岡康太騎手騎乗。

先週の坂路で終いアラアラだったのを反省してか、今回はCW^^;

古馬相手に頑張ったんじゃないですかね?

24日の京都2歳新馬芝1600mに予定していますが

どんな相手が出てくるんですかね?

 

 

あと、ブレッシングテレサがしがらきに到着。

ブライアローズが、園田・長南和宏厩舎に無事入厩となったようです。

環境が変わるので、体調を崩さないでほしいですね。

 

 

 

なんとか書けたw

さて、仕事します^^;